0

包皮亀頭炎の唇の乾燥患者の食事の注意事項

Posted by 唇 on 2016年7月22日 in 未分類 |

包皮の長い男はとてもばつが悪い、特に包皮が長すぎる患者は包皮亀頭炎に罹患やすいです.男性の包皮のカバーは亀頭の外には、保護の効用、包皮の内層粘膜を分泌することができる液体潤滑包皮包皮と亀頭が乾燥しない、いったん包皮自体の問題があった時には、包皮のほかにも及びかねない亀頭によって急性あるいは慢性の包皮の亀の頭について、最も多いのは包莖亀頭炎になった
.

包皮亀頭亀頭亀頭炎は医者に積極的に協力して医師に治療する同時に、飲食のケアもとても重要です.

じゃ、包皮亀頭炎の食事の注意事項はありますか?

p> <いち、銀花15g、緑豆衣10 g、代茶飲料、解熱解毒、腫れ作用.

に、銀花、茅根それぞれ適量、炒めて煮まし代茶飲料,清利蒸し暑くて、解毒効果

さん、アズキのgで、うるち米500 g、粥を煮て食べ、解熱解毒、利水を散らす.

よんしよ、新鮮な緑のもやしの適量、素油炒めて、塩を混ぜ、調味料、おかずの食用,解熱解毒効果.

1条5、ヘチマ1条、うるち米の50、砂糖の適量.先におかゆ~半熟にして、ヘチマ粥、ヘチマ砂糖、食のかゆ、解熱解毒、凉血消癰.

ろく、リョクトウのgで、うるち米の100 g、共に感服粥を煮て、解熱解毒、消水腫.

豚足4、豚足の4匹の洗浄、ネギは50 g、食塩の適量、釜の中の火を入れて煮て熟して爛、肉のスープ、解毒して腫れて腫れます.

はち、冬瓜飲:嫩冬瓜(約500 g)いちの洗浄を持って、緑のスライス、水適量を加えて、少々の塩、調味料、煮食用、熱を下げて利湿効果.

きゅう、く,唇の乾燥、鲜香椿葉250g、洗浄、みじん切り、調生地と塩少々、素油500 g、熱を入れ、糊料油で揚げ黄取り出し、食の.利湿が解熱、解毒を散らす.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2016-2017 冬の唇の乾燥についての情報収集 All rights reserved.