唇が慢性的な乾燥で荒れる原因について

人は毎日適量な水が必要です。水分の摂取が足りないと、肌にカサカサになり、唇が荒れてしまうことがその症状の一つです。
唇は皮脂腺がないため、乾燥しがちで荒れやすいのです。一時的なケアがしてないと、唇が荒れてしまいます。水分補給のほかに以下のようなことが唇の荒れの原因となります。
接触性皮膚炎
リップクリームや口紅、歯磨き粉、歯科治療で使われた充填物、そして唾液などは、唇や口周りの接触性皮膚炎の原因になりえます。
アトピー性の口唇炎
夏でも唇が荒れ、唇や口の周りにに色素沈着が見られる場合は、アトピー性の口唇炎の可能性があります。
食生活の乱れによる栄養不足
角質層が薄く、皮脂腺がほとんどない唇は、皮膚の中でも特に栄養不足による肌荒れがダイレクトに現れてしまいます。普段から外食やコンビニ食が多い、口内炎やニキビなどの肌荒れを併発している場合は注意が必要です。栄養のバランスをとった食事を摂取すると、唇のケアに限らず、お肌も体の健康を保つためにすごくすごく必要です。特に健康な肌や髪を作り、粘膜を保護する作用のあるビタミンB2の不足は、唇の荒れにつながりやすいと言われています。
だからもし唇のあれがある場合は、唇荒れる病気に関係があるかもしれませんので、以上の原因にチャックするほかに、食事の栄養バランスをきちんと気をつけましょう。

Copyright © 2016-2017 冬の唇の乾燥についての情報収集 All rights reserved.