唇腫れの原因

唇が腫れている、そんな経験ありませんか?唇が腫れてしまうとみにくいです。恥ずかしく感じたり、周りの目が気になってしまったりして、外も歩けないですよね。唇腫れはどういうことですか?唇腫れの原因はなんですか?唇腫れの原因は様々です。

虫刺され
寝ている間時気が付かずに噛まれてしまうことが多いです。 虫に噛まれてしまうと、虫の毒成分が体内の抗体と反応してしまい痒みや腫れといった症状が現われます。もちろん刺されても腫れない場合があります。

日焼け
日焼けが原因となり唇が腫れてしまうことが意外ですよね!日焼けと聞くと、背中や顔などがヒリヒリする症状をまず思い出します。しかし、唇は皮膚が薄い器官です。メラニンが少ない部分になるので紫外線の刺激を受けやすいのです。唇が日焼けすると、唇が腫れる、唇の皮がむける症状が現れます。

アレルギー反応
歯磨き粉、化粧品、食べ物、花粉というようなアレルギー反応の症状として、唇が腫れてしまう場合があります。アレルギーは症状に個人差があります。激しい痛みや腫れを感じた場合は、病院へ行った方が良いでしょう。

咬傷
唇を咬んでしまうことで腫れてしまいます。 食事中や会話時など口を動かしている最中に咬むことがほとんどです。

口唇ヘルペス
口唇ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染することが原因で発症します。発症すると、口唇の周辺に小さい水ぶくれが現れて、かゆみや痛みの症状が現れます。通常は、1~2週間ほどで自然に回復します。

ストレス
ストレスが原因となって唇が腫れることは滅多にありません。しかし、過度のストレスを感じた場合は腫れてしまうことがあります。

病気
口内炎、親知らずによって、唇腫れを起こしたケースがすごく多いです。

Copyright © 2016-2017 冬の唇の乾燥についての情報収集 All rights reserved.