0

早漏に関する豆知識

Posted by 唇 on 2016年4月8日 in 未分類 |

とは早く射精してしまうことですが、どこまでをというかは人それぞれ少しずつ認識が違うと思います。

射精までの時間として男性の平均時間は7分ほどといわれています。これに対して、早漏で悩む男性は2分足らずで射精してしまうのです。中にはピストン運動をたった数回しただけで射精してしまう人もいます。近年ではペニスそのものの要因ではなく、ストレスやプレッシャーなどの精神的なものが原因と考えられるようになってきました。

射精までの時間として男性の平均時間は8分ほどといわれています。これに対して、早漏で悩む男性は2分足らずで射精してしまうのです。中にはピストン運動をたった数回しただけで、射精してしまう人もいます。近年ではペニスそのものの要因ではなく、ストレスやプレッシャーなどの精神的なものが原因と考えられるようになってきました。

自律神経には二種類あり、積極的な活動を行わせる交感神経と眠る際に働いたり、緊張を解きほぐしてリラックスさせる副交感神経があります。ストレスにより副交感神経の働きが鈍くなり、2つの神経の働きのバランスが崩れることで射精のタイミングが早くなるのが大きな原因かもしれません。

早漏防止にはストレスを溜めない、リラックスできる環境を整えることが大切ですが、脳への指令に働きかける早漏防止薬ポゼットを併用するのもおすすめです。

更に、早漏を少しでも防止しようとした時に、簡単に出来る対策がイキにくい体位でセックスをすることです。早漏をコントロールの対策は射精のコントロール対策です。それなら射精のコントロールなんてどうやって行うのですか。射精をコントロールして早漏防止しようと考える方もいるかと思います。反射的に行うということは脳による命令で止めることはできない、ということですからコントロールのしようがないわけです。

しかし、世の中にはAV男優という職があります。実際彼らは動画の中で1分以内に射精したり、10分以上腰を振ったりしているわけですから、射精のコントロール方法というものは確かにあるわけです 。じゃあ彼らはどうやって射精をコントロールしているかというと、答えは簡単で蓄積されている性的刺激を射精のシグナルが出るより前にリセットしているのです。


引用される文章はこちらへ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2016-2017 冬の唇の乾燥についての情報収集 All rights reserved.