0

読唇の乾燥み返す世界史

Posted by 唇 on 2016年7月7日 in 未分類 |

世界の歴史の本は、そのほとんどが大昔の人々、居住地や士族合併をはじめ、歴史の過程の中の代表的な国と歴史へのプロセスに大きな影響を与えた人物として、事件を軸に、社会の発展は述べて原始、奴隷、封建社会から資本主義義などのプロセスは、軍事、政治、経済、文化などの発展する変化を推進する政治、軍事、経済、文化、社会を動かす文明.私は、全体の歴史を見渡して、人類の解放自分のレベルを示して社会の進歩の程度.

何千年の世界史は人間同士で争いの歴史.歴史の流れの血流漂櫓、どんな易姓革命、戦争の結果は少数制御資源と財産を支配と奴隷の多数の人.正義は無いないよう、公道、強大は公理、弱肉強食は天道.この長さ助燃国勢の彼方制覇の野望、世が一回に再徴.にまたがりヨーロッパ、アジア、アフリカの強大な帝国波状、最終的には現在のパターンになる裂土.

人類の文明は戦争や統制に発展.戦争や統制、経済発展の増殖人口;戦争と統制、発明と革新的な生産手段や殺人兵器、戦争や統治強化が必要と政治高圧愚民文化.さすがの各民族間の融合を含め、政体、貿易、技術、文化、宗教のコミュニケーションは、戦争の副産品.

回顧人間社会の文明のプロセスは、殘酷な戦争で困難に歩いて来た.しかし、唇の乾燥、戦争という文明発展モードでは最も、最も殘忍な代価と最も巨大な、戦争は反人類の罪悪伏魔殿.

自然淘汰される、適者生存、この生物界の普遍規律、幾千年の人類社会の発展の中で見事に表現して.この角度から見にきて、人類と禽獣、虫の間に変わりない.大多数の人間として支配で苦痛の一生の中で過ごす(宗教と贖い清原罪)で、少数者の地位を皇帝・時、貴方唱罢の登場でもびくびくの中で一生を終える.したがって、人類全体は幸せじゃない、出口はどこですか?

利己的殘忍は獣の同情を悲しみが人道.平和共存、共同発展は全人類にとっていつまでも消えない信念、人類の解放の種は、何千年もの戦争の中で絶えずに芽生え、生長、人民が自分の運命を掌握する思想はあたかも小さな流れ、最初に隠れて高く険しくて重なり合っの岩縫い穀が、靑山遮らない結局東流に行き、ついに湖も大河となる海:

紀元前594年のアテネソロン改革、庶民には人身権利に金持ちで、政治権力、民主の一歩.

紀元前当たり494年のローマ城聖山撤退運動200年余り続いた、庶民を怠らない奮闘していた庶民-貴族共和国.

紀元前443年のアテネ伯利ケリー改革を得、庶民政界入りの機会を持って、そして俸給>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2016-2017 冬の唇の乾燥についての情報収集 All rights reserved.