0

逃げたニシ観光ス唇の乾燥ポットコクマルガラス

Posted by 唇 on 2016年6月24日 in 未分類 |

ある人がとらえ一匹ニシコクマルガラス、麻縄でつっかえ彼の1匹の足は、自分の子供に遊ぶ.それは子供のいたずらニシコクマルガラスれたくない、自分の巢に逃げ戻り.しかし足の上のロープが木の枝にしがみついて、彼はまた飛んで起きないで.彼は死ぬ時、独り言を言います:“私は本当に運が悪い!人の奴隷で我慢したくないのに、自分の命が失われた.」

この物語は、一部の人は逃げて普通の危険に出会う、かえってもっと大きな災い
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2016-2017 冬の唇の乾燥についての情報収集 All rights reserved.